« 佐久の貞祥寺 | トップページ | 佐久から見た浅間山 »

2013年10月11日 (金)

苔寺としての貞祥寺

苔寺としての始まりは二代前の住職によるものらしいです。

湧水と気候が苔にあっているとのことで今では境内いっぱいに敷き詰められています。

特に山門に至る石段の周りは緑が深く和めます。

由緒あるお寺に苔 いいですね。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

B120130919070201

B220130919070203

B320130919070204

B420130919070206

B520130919070207

B620130919070209

B720130919070216

B820130919070218


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

 

|

« 佐久の貞祥寺 | トップページ | 佐久から見た浅間山 »

コメント

とっても素敵ですねえ。
苔の緑、そしてまわりの木々の緑、美しいなあ。

投稿: sally | 2013年10月11日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1677068/53357220

この記事へのトラックバック一覧です: 苔寺としての貞祥寺:

« 佐久の貞祥寺 | トップページ | 佐久から見た浅間山 »