« 朝から海鮮丼 | トップページ | 茂原市 笠森観音 その2 »

2013年9月 5日 (木)

茂原市 笠森観音 その1

笠森寺(かさもりじ)は、千葉県長生郡長南町笠森にある寺院です。

天台宗別格大本山で延暦3年(784年)に最澄が楠の霊木で十一面観音菩薩を刻み安置し開基

されたとされる古刹で、通称「笠森観音」。

大岩の上にそびえる観音堂は、61本の柱で支えられた四方懸造と呼ばれる構造で、
日本で唯一の特異な建築様式であり重要文化財。

長元元年(1028年)に後一条天皇の勅願で建立されたと伝えられているがその後焼失し

現在の建物は解体修理の際発見された墨書銘から文禄年間(1592年-1595年)の

再建とされている。

本堂の観音堂の階段は75段。

またお寺を囲む自然林は、延暦年間の笠森寺草創当時より禁伐林として

保護されてきたと伝えられる暖帯林の残存林であり

「笠森寺自然林」として国の天然記念物に指定されています。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

2013082603010020

20130826030101

201308260301082

2013082603010901

2013082603010902

2013082603010912

2013082603010910

2013082603010908

20130826030109141

20130826030109143


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

|

« 朝から海鮮丼 | トップページ | 茂原市 笠森観音 その2 »

コメント

歴史ある、由緒あふれる佇まい。良いもんです。応援ポチ。

投稿: 笠ぼん | 2013年9月 5日 (木) 20時12分

急な階段に一瞬クラっときそうです(^^;
美しい自然林ですよね。

投稿: sally | 2013年9月 5日 (木) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1677068/53074157

この記事へのトラックバック一覧です: 茂原市 笠森観音 その1:

« 朝から海鮮丼 | トップページ | 茂原市 笠森観音 その2 »