« 境港市 おさかな大橋 | トップページ | 大山寺 »

2013年8月23日 (金)

米子市 かんぽの宿皆生

三日目は、米子のかんぽの宿皆生です。

白砂青松の海岸線と中国地方最高峰の国立公園・大山に育まれた当温泉地は、山陰の観光拠点です。

「皆、生きる」と書いて皆生、いつからか長寿の神様として、長寿・家庭円満を御祈願される人々が集まるようになったとか。

皆生温泉は、1900年に漁師が海中に湧き出す温泉を発見したのが始まり。   

東西1㌔、南北0.4㌔の範囲にまとまる旅館街には、

観光旅館・ホテル、公共の宿など30軒、4500人の収容規模を誇る山陰では最大の温泉地です。

かんぽの宿皆生はかんぽの宿としては旧いようでリニューアルもまだのようです。

お湯は、量が豊かで泉質も柔らかな感じでした。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

2013072412011

↓ 明日 行く大山の姿です

201307241210011

A0201307241300

A1201307241303

A2201307241302

A3201307241301

A4201307241305

A5201307241307

A6201307241304

A7201307241306

A8201307241308

A9201307241310


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

|

« 境港市 おさかな大橋 | トップページ | 大山寺 »

コメント

旅行は良いですよね。私も10月に、連休取りますよ。(笑)応援ポチ。

投稿: 笠ぼん | 2013年8月 2日 (金) 19時21分

皆生温泉は数年前、職場の旅行で訪れて、よい温泉だったです!

投稿: chantake123 | 2013年8月 2日 (金) 21時05分

おはようございます。
皆生温泉、境港、大木ロード、以前職員旅行で行ったところなので懐かしく拝見しました♪
「皆、生きる」と書いて皆生=長寿 なるほど納得です!

投稿: chantake123 | 2013年8月23日 (金) 07時30分

おしながきの中にお鍋もあって、それがトマト鍋なことにビックリしました。
美味しそうですね。
この量、食べきれるかって感じだけど、どれも美味しそう。

投稿: sally | 2013年8月23日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1677068/52712708

この記事へのトラックバック一覧です: 米子市 かんぽの宿皆生:

« 境港市 おさかな大橋 | トップページ | 大山寺 »