« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

清水港 河岸の市でランチ

港町に降り立ったら海鮮丼

我が家の定番です。

清水港の河岸の市 ここにはたくさんの食事処や鮮魚の販売店が入っています。

お昼時でしたのでお客がいっぱいでした。

私たちは、「魚市場食堂」で海鮮丼と桜エビのてんぷらを。

新鮮な魚介とパリッとした桜エビのてんぷら とても美味しかったです。

そのあとブラブラと買い物、「鮪食人」でお土産も。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

2013072606001

20130726060101

20130726060100

20130726060106

20130726060107

↓ お土産は「鮪食人」

20130726060200

20130726060201

↓ 清水港の眺め

201307260603


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月30日 (金)

三保の松原

世界遺産になった三保の松原

人でも多いようで活気が感じられます。

松の木々も古く、風雨に耐えた姿が感じられます。

幹はくねり地表に這うように伸びています。

砂浜に出ると左手は 富士山が・・・・見えるはずでしたが・・・・・

再度行ってみたい場所 絶対富士山を見るぞ~

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A320130726050205

A920130726050229

B120130726050215

B220130726050219

C220130726050209

D120130726050301


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

久能山東照宮参拝

権現造、総漆塗、極彩色の社殿は日光東照宮より19年前に造られ、

日光と比較すると地味ではありますが、彫刻、模様、組物等に桃山時代の技法も取り入れられた

江戸初期の代表的建物として明治45年、国宝に指定されました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

東照宮の全体配置図です

A120130726040000

↓ 桜門と鳥居です 。

この辺から もう荘厳さを感じます。

B220130726040101

B520130726040201

↓拝殿前の唐門です  拝殿・本殿と一体の彩です

B7201307260402

C1201307260404

↓ 拝殿です

彩鮮やかでうっとりします。

C320130726040407

C420130726040402

C520130726040424

C820130726040403

C920130726040404

D120130726040412

↓ 静かな神廟です。家康公の墓所です。

E220130726040601

E320130726040701


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

日本平ロープウェイ

東名を静岡ICで降りて これから日本平→久能山東照宮へ向かいます

世界遺産の富士山を眺めたかったのですが 天候が悪く無理なようです。

ロープウェイは日本平から久能山頂上までの1065m

日本平は観光地百選、国の名勝地などに指定されたスポットです。

眼下には、駿河湾や伊豆の山々も見えます。

久能山の歴史は、推古天皇の時(600年頃)久能忠仁が初めて山を開き一寺を建て

観音菩薩を安置し、補陀落山久能寺と称したことから始まるようです。

戦国時代には要害として武田信玄などの武将により城砦が設けられたと言われています。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A120130726030100

A320130726030207_2

A420130726030201

A620130726030204

B120130726030105

B3201307260301041

↓ ロープウェイの終点駅そばに楠木の古木 神木となっているようです

C12013072603032

 


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

東名のぼりのSA

豊田東を出て東名に出ます。

今日は日本平・久能山・三保の松原を巡り家まで帰ります。

浜名湖と焼津のSAで一休みです。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

↓ 浜名湖SAで一休みしました。 良く晴れた日には富士山も見れるるのですが この日は雲の中 残念。 ゆったりとした浜名湖 良い休憩になります。

A120130726021

A220130726022

A320130726023

↓ 焼津SAです。

魚介の品物も多く、マグロの兜煮を買いました。

さくらエビの揚げたてコロッケもあり 車中で食べました。

近くではお茶畑が目を惹きます。

B12013072601010002

C420130726010203

C520130726010206


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

伊勢湾岸自動車道 刈谷SA

刈谷SAには必ずと言っていいほど寄ります。

理由は「えびせんの里」

毎回たくさんのえびせんの袋を持ち帰ります。

自宅で食べたりお土産にしたりで今回は3500円も購入。

特にタコとイカ 他では売っていない品です。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201307250401

201307250402

201307250403

201307250404

201307250405

 


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

大山まきばみるくの里で一休み

大山の自然美が満喫できる大パノラマが「大山まきばみるくの里」

大自然の中で、牛の乳搾り、アイス作りが体験できる。

牛乳、乳製品をふんだんに使い、まきばの素材を生かしたメニューのレストラン。

大山のおいしい牛乳、乳製品、また、牛乳を使ったお菓子のお土産が買える売店。

なんと言っても、みるくの里特製ソフトクリームは大評判です。

と言うことでソフトアイスを賞味しました。味が濃くおいしかったです。

この後、展望台へと向かったのですが道が土砂崩れで不通とのことであきらめて帰路に。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

↓ ここまで来ると朝の靄も晴れて雲は足早に去り大山の稜線を浮き上がらせます

A120130725020006

↓高原のすばらしさ、広大な牧場に放牧される牛たち

A220130725020106

A320130725020103

↓建屋内ではいろいろな飲み物、乳製品、お菓子などの土産が陳列されています

B120130725020301

B220130725020302

B420130725020306

B520130725020307

 


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

大山寺

大山からの絶景がみれるという展望台へ行こうと、米子自動車道を途中で降りる。

朝早いせいか、大山はまだすっきりと見えない。

クネクネ山道を走り途中大山寺へと向かう。

大山寺の参道は、長い急坂が有名、しかし急坂途中に駐車場もあり下車。

養老2年(718年)金連上人により開創され、地蔵菩薩を本尊として祀られているお寺です。

本堂には「おびんずるさん」も安置されていて、足腰・頭をよく撫ぜさせていただきました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A120130725010001

↓ 長い坂道を登ってようやく・・・・

A22013072501022

↓ 大山寺の総門です。

B120130725010302_2

↓ 総門をくぐりさらに石段を上ると本堂へ

B320130725010304

↓ 本堂です

B42013072501030700

↓ おびんずるさま

B62013072501030702

↓ 大神山神社への鳥居です

E2201307250101

↓ 神社へはこのような山道が続きます。この辺でギブアップです。

E1201307250100a

↓ このあたりには紫陽花が見ごろです

Z52013072501010302


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

米子市 かんぽの宿皆生

三日目は、米子のかんぽの宿皆生です。

白砂青松の海岸線と中国地方最高峰の国立公園・大山に育まれた当温泉地は、山陰の観光拠点です。

「皆、生きる」と書いて皆生、いつからか長寿の神様として、長寿・家庭円満を御祈願される人々が集まるようになったとか。

皆生温泉は、1900年に漁師が海中に湧き出す温泉を発見したのが始まり。   

東西1㌔、南北0.4㌔の範囲にまとまる旅館街には、

観光旅館・ホテル、公共の宿など30軒、4500人の収容規模を誇る山陰では最大の温泉地です。

かんぽの宿皆生はかんぽの宿としては旧いようでリニューアルもまだのようです。

お湯は、量が豊かで泉質も柔らかな感じでした。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

2013072412011

↓ 明日 行く大山の姿です

201307241210011

A0201307241300

A1201307241303

A2201307241302

A3201307241301

A4201307241305

A5201307241307

A6201307241304

A7201307241306

A8201307241308

A9201307241310


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

境港市 おさかな大橋

水木ロードを歩き疲れて車で休憩。

これから境港から米子市皆生温泉へ向かいます。

途中、港の景色 潮騒の香り 大きな「おさかな大橋」

海のない街に住む私にとっては珍しい景色です。

オービスもところどころに・・・・・

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

20130724110101

20130724110103

20130724110301


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

がってん寿司でランチ

回転すしチェーンの中で少し値が張るのががってん寿司

今日は新聞チラシを持ってランチ

お寿司の他にドリンクやあら汁は無料

いつもと違うサービスレベル、経営方針が変わったのかなと思うほど

以前よりお客も多く繁盛しているようだ。

ネタも新鮮で美味しくボリュームもたっぷり、これなら頻繁にリピートかな。

値段ですか これで880円也。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201308024

201308022

201308023

201308021


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

境港市 夢みなとタワー

米子市へ向かう途中の海沿いに「夢みなと公園」があります。

遙か遠くに四季の大山を望むロケーションを誇る海浜公園です。

「山陰・夢みなと博覧会」の跡地を”日本海と大山が一番美しく見れる港”をコンセプトに

建設されたとのこと。

この公園内には緑地公園やさかなセンターなどがあり、

特に天空にそびえる「夢みなとタワー」はシンボルとなっています。

私たちは、この夢みなとタワーに上り景色を楽しみました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201307241000

201307241001011

↓ 江島大橋です。

全長1704mにもなる巨大なアーチ橋でありながら、軽快で美しいイメージを目指した橋

江島大橋のデザインテーマは「風」

水面からの高さは、中央部で44m70cm、 直下の水深は7m程度で、構造上は五千トン級の船舶が通れます。

2013072410010202

↓ おさかな大橋

境港市と島根県美保関町を結ぶ、長さ709メートル・高さ40 メートルの大橋。

橋下には外国船や漁船が通り、橋のふもとには多くの釣り人が集まります。、

「大橋の絵と愛称のコンテスト」でえらばれた「おさかな大橋」が愛称となったそうです。

2013072410010301

20130724100104

↓ 若いカップルや子供たちに人気

20130724100201


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

境港市 水木ロードは妖怪だらけ

水木ロードを歩きたくて境港へ。

水木ロードに踏み入ると そこは妖怪の世界。

1kmもない道に、妖怪神社、並ぶ妖怪ブロンズ像、妖怪土産、水木記念館まで。

猛暑の中を、次々に現れる珍現象を期待して歩きます。

まさにここは妖怪文化のメッカです。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

↓ 妖怪神社と妖怪の広場

A22013072409050001

A420130724090101

↓ おなじみの妖怪モニュメントです

A520130724090102

B20130724090108

B120130724090106

B320130724090105

B420130724090111

↓ 妖怪がまぐち(お土産店)と水木記念館

D120130724090501011

D420130724090503012


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

ランチは境港で海鮮丼 さかな工房

境港市に到着、もうお昼です。

ここは港町 ランチは海鮮です。

「さかな工房」この街でも有名なお店です。

純和風のお店でスペースもあり ゆったりした気分でお食事ができます。

いただいたのは もちろん海鮮丼、茶碗蒸し・香の物・お味噌汁そしてコーヒーまで。

新鮮な魚介はたまりません。

ここは有名人も数多く来店するようで色紙も飾られていました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A22013072408001

B12013072408012

C22013072408033

D1201307240804


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

松江から境港 中海沿いの道を

境港市の水木キロードを見に行くために、松江市から境港市へ移動。

中海沿いの道を進みます。

ここはいつの間にか海の中の道を走っている感覚になったり、天国へ行く高い橋を走ったり。

広大な夏の中海は 癒しのスポットでもありました。

車を降りて一休みしながら境港へ。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201307240701

201307240704

201307240707


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

松江市歴史館と物産館

堀川めぐりを終えて、近くにある歴史館と物産館へ。

歴史館は立派な建物。

武家屋敷をイメージした和風の外観で、

外壁は、松江城の堀や櫓にも見られる「漆喰(しっくい)塗り」と「下見板張り」です。

屋根には、約6万枚の「いぶし瓦」が載っています。

中には休憩室から日本庭園もみられるとのことで寄ってみました。

この日は晴れて暑い気候 一休みのひと時癒されます。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

2013072405000

2013072405001

20130724050202

201307240502031

20130724050301

物産館も観光都市松江を象徴する規模のもので、島根の物産がここ狭しと並んでます。 銘菓・めのう・水産加工・陶器・漆器・銘酒 ・・・など 松江の歴史と文化がうかがえます。

20130724060000

2013072406012


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

松江城堀川めぐり 遊覧船

松江城を見た後、内堀ー外堀と遊覧舟で巡ります。

朝9時からの初舟に乗りましたので私たちだけ、親切な船頭さんの案内で巡ります。

途中 くぐる橋の高さが低いところが4か所、舟の屋根が2段階で低くなるのです。

それにつれた私たちは寝そべり状態、こんな経験も初体験。

石垣と水 武家屋敷 茂りせり出した木々 花々で迎えられる濠 などいろいろな表情で迎えてくれます。

でもお濠から見る天守閣は別格でした。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A120130724040001

↓ 遊覧舟の乗り場は全ルートの数か所にありますが 大手前乗り場から。

B120130724040101

B420130724040404

B520130724040903

B820130724040909

B920130724041101

C120130724041402_2

C320130724041610

C420130724041902

C620130724042102

C720130724042301

 


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

松江市松江城

宍道湖北畔に位置する松江市のシンボルです。

天守閣は国指定の重要文化財になっています。

関ヶ原の戦い以降、堀尾吉晴により築城されました。

・附け櫓 天守閣入口の櫓で侵入しにくい構造
・石垣は自然石をそのまま使った野面積
・鯱鉾 木彫り銅張 現存する日本最古
・平面規模2位 高さ3位 古さ5位

端正優雅な風格と評されています。

場内の興雲閣は、明治36年 松江市が天皇の行幸を願って建設 少ない明治建築で県指定文化財です。

松江神社は、松平氏 堀江氏 徳川家康を合祀した神社。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201307240300101

20130724030101

20130724030201

20130724030303

20130724030306

20130724030401

20130724030501

201307240306011

201307240306022

2013072403060502


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

ゆったり朝食 松江市なにわ一水

最近は、多くのホテル旅館で朝食はバイキングが多く、なにかせわしい食事になりやすいですが

ここ なにわ一水では別個室で朝食をいただけました。

宍道湖の大粒のシジミ おいしかったです、おかわりしました。

薄いパリパリの昆布 これも珍味、手もみでご飯にかけて食べました。

朝食は満足です。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A0201307240200

A1201307240206

A2201307240202

A3201307240201

A4201307240207

A5201307240205

A6201307240203

A7201307240204


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

松江市なにわ一水で夕食

なにわ一水で夕食です。

海の幸も期待ができます。

ここは部屋食で至便です。

お刺身が少な目、タイの兜煮やいさき焼き物は・・・・ということで先般の伊豆に比べると劣るかなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201307230700

201307230701

201307230702

201307230703

201307230704

201307230705

201307230706

201307230707

201307230708

201307230709

201307230710

201307230711


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

松江市なにわ一水に泊まる

出雲大社参拝後は、宍道湖沿いの山陰自動車道で松江へ。

投宿したのは「なにわ一水」

もともと宍道湖沿いは玉造温泉が有名ですが、温泉かけ流しの宿ということで決めました。

温泉は期待通り 癒されました。

この日の夕陽は雲の中で残念でしたが、ホテルから見る宍道湖の姿も魅するものがありました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

20130724010000

20130724010001

20130724010005

20130724010101

20130724010103

20130724010104


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

ぜんざい発祥の地 出雲

出雲地方はぜんざいの発祥の地なんです。  

神在祭という神事で「神在餅」というものが振舞われたらしく、

それが訛って今の「ぜんざい」になったようです。

「ぜんざい研究所一号店」 店構えは昔風です。でもお客で満席。

別の買い物をした後に再度。

紅白のふっくら膨らんだお餅が二つ入ったぜんざい、お餅はとても軽い感じであっさりとしています。

いただいたぜんざいは、冷たい小豆に暖かいお餅の入ったスペシャルなぜんざいで

中井貴一さんが要望して食べたのがきっかけで商品化されたとのことです。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

201307230501

201307230502


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

出雲大社前 そば処田中屋でランチ

この日のランチは出雲そばと決めていました。

食ログや旅行雑誌でも評価の高い「そば処 田中屋」

大鳥居の傍にあります。

昼食時を少し過ぎていましたので行列に加わらなくても済みました。

食べたのは「三色割りこ蕎麦」。

蕎麦の実を甘皮ごと挽くため、色は黒っぽく、そば本来の風味が濃く香りも豊かです。

こちらのお店の口上です。

 ”当店は「出雲産、鳥取産、信州産」の蕎麦粉をすべて石臼で挽いてブレンドしております。

豊かな香りと、モチモチの食感をお楽しみください。

また、うるめいわしなど数種類の節と地元、大社町の醤油を使ったコクのある

濃厚なだしも田中屋の特徴です。 ”

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A1201307230400

A2201307230401

A4201307230402

A5201307230403_2


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

出雲大社神門通り ぶらり歩き

出雲大社参拝を終えて、大社参道に通ずる神門通りで買い物や食事です。

勢溜の大鳥居から眺める神門通りは散策スポットがたくさんあります。

お土産を求めてあちこちの店をのぞき歩きます。

お土産を買ったのは、ご縁横丁のけんちゃん漬けで漬物、まがたまや雲玉でメノーのストラップなどを。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

20130723020003

201307230301

20130723030201

20130723030202

20130723030301

20130723030302


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

出雲大社 本殿周りを一周

本殿を囲うようにいろいろな社があります。

東回りに一周します。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

■釜社(かまのやしろ) 

食べ物全般を司る神様です

2013072302131

■素鵞の社(そがのやしろ) 

八雲山と御本殿の間に鎮座する社です。

大国主神の祖神素戔嗚尊を祭る社になります。

素戔嗚尊は八岐大蛇を退治したり大国主神に国づくりを命じたことで有名です。

20130723021401

■西十九社

本殿の東西にある二つの社で、神無月に出雲に集まった神々の泊まる社です。

20130723021101

■御守所 御守り おみくじ 絵馬などの授与所

20130723021601

20130723021602

ゆっくりと参拝して二時間程度かかりました。

天気も良く幸いでした。 これから神門通りで食事やお土産です。


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

出雲大社 いよいよ境内へ

神聖な気持ちで銅鳥居を潜りますと、そこは神域そのもの。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

■神馬・神牛

鳥居をくぐり左手にあります。

牛は1666年 馬は1880年に どちらも神様の乗り物

馬を撫でると子宝に、牛は勉学によいとのこと。

201307230207011

201307230207021

■拝殿 昭和34年築の建物 二拝 四拍手 一拝です

20130723020801

20130723020802

■八足門 本殿を囲む瑞垣の入口で ここで本殿を詣でます

20130723020902

201307230209023

■本殿 瑞垣の外から本殿を

20130723021003

ここから瑞垣に沿って本殿を一周します。


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

はじめての出雲大社 参道をゆっくりと楽しむ

いよいよ目的地の出雲大社です。

家から800kmの距離、豊田市に一泊して翌日の10時ころに着きました。

古事記に創建が伝えられる歴史ある大社、縁結びの神様としても知られています。

御祭神の大国主神が天上界の神に国を譲った際に、その功績にたいして創建されたという。

お参りの順序や儀礼があり格式も高い大社です。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

まずは、大社の配置図です。

20130723020002

■スタートは勢溜の大鳥居から

2番目の鳥居ですが、ここが正式な入口とのこと。入るときに一礼。

かつてはこの場所に芝居小屋があり人の勢いが溜ることから「勢溜」と呼ばれています。

20130723020100

■大鳥居をくぐると参道です。

右側には「祓社はらいのやしろ」があります。

心身を祓い清めてもらいます。

祠にはニャンコが気持ちよく寝ていました。

20130723020203

2013072302020501

2013072302030201

■下り坂の参道を進むと「松の参道」に入ります。

樹齢400年を超す松の木々が参道を囲みます。

中央は身分の高い人々が通行を許されていて、普通は左右の参道を。

201307230204011

20130723020404400

■参道奥には左右に「むすびの御神像」と「恩慈愛の御神像」があります。

20130723020502

201307230205031

■「手水舎てみずや」 両手と口をお清めします。

20130723020501

■拝殿への鳥居「銅鳥居」です。

1666年毛利輝元の孫により奉納された日本最古の銅製の鳥居です。

20130723020603

次回は 拝殿へと進みます。


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

中国自動車道~米子自動車道

この日の移動は豊田東ICから出雲まで、距離は500km、高速道路を走りますが時間がかかります。

安全運転第一でSAをたよりに移動。

西宮名塩SAでランチの柿の葉寿司、久しぶりで美味しかったです。

ところどころで休みながら最後は蒜山SAで小一時間休憩、ここでは蒜山ジャージープリンを。

大山や蒜山高原が近くに迫り見るだけでも癒し効果抜群です。

味が濃くさすがご当地銘柄の自慢のプリンでした。

米子からは山陰自動車道ですが無料・有料区間の繰り返しで、SAもなくトイレ休憩もできません、不便です。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A1201307230101

A220130723010121

B12013072301021

B220130723010223

B420130723010224

B62013072301024


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

豊田市 スバカマナ

「スバカマナ」はアジア料理のお店です。

店内は、とても広くゆったりとした感じで食事ができます。

久々に香辛料たっぷりのカレー料理をお願いしました。

辛さのランクは5段階、旅行第1日目で胃の調子を保全するために一番辛くないものを。

野菜サラダ 野菜スープ カレー そしてナン。

カレーは味が深くおいしかったです、やはり家庭では出しにくい味です。

驚くのはナンの大きさ。長さ40cmも。

まわりのお客にはリピーターも多いようで持ち帰りのビニール袋に入れている人も。

私の家の近くにもインド料理の店がありますが、比べ物にならないくらい美味しく安価。

また行ってみたいお店です。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

20130722001

20130722002

20130722011

20130722012

20130722013

20130722014


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

岡崎市 岡崎城

岡崎城は徳川家康の生地です。

土地の名称は愛知県岡崎市康生町。

この城の築城は、三河国仁木氏の守護代であった西郷稠頼(つぎより)、そして、その子頼嗣(よりつぐ)が

北方に対する防御として築城したものです。

それを、松平清康が西郷信貞(松平昌安)から奪い取り改修拡張整備したものが岡崎城とのこと。

天守閣傍の龍城神社は築城当初に祭事を期してまつられました。

1873年(明治6年) 廃城令によって廃城処分となり、天守以下の建物が撤去され、
1959年(昭和34年) 天守が再建されました。

城の大きさは全国で四番目、緑も多く旧い木々がしっかりと環境を守り、天守閣の他にも

能楽堂や井戸の跡があります。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A22013072220001

A42013072220801

A52013072220701

A82013072220101

B12013072220207


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

新東名SA グルメ

七月末、4泊5日の出雲旅行へ。もちろん車で。

留守中の家庭菜園が干上がらないように遣り水を工夫。でも心配。

朝3時 自宅発。

東松山から八王子経由で中央道をひた走り、富士吉田で東富士有料道へ。

御殿場から新東名に。

御殿場付近では少し朝焼けした富士山を見る きれいだ。

新東名のSAはどんなものが売られていてどんなグルメが 関心の的。

寄ったのは、駿河湾沼津SAと森町SA。

駿河湾沼津SAでは、静岡産の牛タンの串焼きを食べる。肉厚もちょうどよくなかなか美味。

朝早いのですべての店が開いていたわけではないが、美味しそうな菓子や食堂も。

軽井沢で食べたトマト「アメーラ」も販売されていました。

私たちは軽井沢では割安でしたが 高価ですね。

森町SAでは茶入りソフトクリーム、お茶の香りも心地よく味わえました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

A1201307221012

B0201307221001

B1201307221000

B22013072210001

B32013072210002

B4201307221004

B52013072210041

C120130722102


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »