« 伊豆松崎町 明治商家「中瀬邸」 | トップページ | 土肥温泉 牧水荘土肥館に泊まる »

2013年6月29日 (土)

伊豆松崎町 長八美術館

漆喰装飾、漆喰鏝絵は西洋のフレスコに勝るとも劣らない壁画技術として評価されています。

1815年に伊豆松崎村に生まれた入江長八は江戸の左官として前後に比類のない名人であったそうです。

若いときに江戸へ出て漆喰鏝絵の礎となる絵を狩野派の喜多武清に学んでいます。

彼が名声を得たのは、日本橋茅場町の不動堂再建にあたり、表口御拝柱の製作にあたり

左右の柱に見るからに風を巻き雲を呼ぶかと思われる一対の龍といわれています。

展示されている数々の漆喰鏝絵の中には、漆喰用の鏝(こて)で虫眼鏡で見ないと不可能な小さな人影を創ったりしています。

なおこの長八美術館は、石山修武氏による設計ですが、建築界の芥川賞といわれる「吉田五十八賞」を受賞しています。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

2013061901050001

2013061901050002

2013061901050205

2013061901050209

2013061901050211

↓ 創作の手順です。

2013061901050216

2013061901050217


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

|

« 伊豆松崎町 明治商家「中瀬邸」 | トップページ | 土肥温泉 牧水荘土肥館に泊まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1677068/52136939

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆松崎町 長八美術館:

« 伊豆松崎町 明治商家「中瀬邸」 | トップページ | 土肥温泉 牧水荘土肥館に泊まる »