« 鶴岡市 水の食卓百けん濠でランチ | トップページ | 鶴岡市見て歩き 由良海岸 »

2012年11月 2日 (金)

鶴岡市 見て歩き 街の史跡

酒井氏の城下町として発展した鶴岡市。

東に羽黒山 西にきれいな日本海 都市部には城址鶴岡公園を中心にした史跡など素敵な街です。

訪れたのが月曜でしたので史跡など休館が多かったのですが それでも外観に

その歴史を感じることができました。

都市部ではランチをした後、近隣にある旧至道館や大宝館を見て回りました。

旧至道館は、庄内藩主酒井忠徳による1805年学問所として開かれました。

その名前は、論語の「君子は学びて以てその道を致す」からつけられています。

徳川親藩として会津藩同様その役割を自認していたのでしょう。

また大宝館は、大正天皇の即位を記念して建てられた赤い屋根の白い洋館です。

昭和26年から60年まで、市立図書館として地域の多くの人に親しまれてきました。

今では、郷土人物資料展示施設として、明治の文豪・高山樗牛の生家の一部を移築復元した

「高山樗牛生誕の間」や時代小説の第一人者・藤沢周平、「文学の神様」と称された横光利一など

鶴岡市出身者、または鶴岡の発展に深いかかわりのあった故人の資料を

定期的に展示替えしながら、その業績を紹介しています。

街のあちこちに紅葉も見られました。

にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村← ワンクリック応援お願いします。

↓ 旧至道館です。

A0120121022_dsc9597

↓ 大宝館です。

A0220121022_dsc9601

↓ 紅葉です。

A0320121022p1150870

A0420121022_dsc9600


写真日記 ブログランキングへ>←セカンドクリックお願いします。2つの応援 うれしいです。

|

« 鶴岡市 水の食卓百けん濠でランチ | トップページ | 鶴岡市見て歩き 由良海岸 »

コメント

おはようございます。
至道館の門構えの趣き、素晴らしいですね!
昔の人はここをどんな思いでくぐってたんでしょう。
思わず思い馳せてしまいました。

ポチッと♪

投稿: まときち | 2012年11月 2日 (金) 05時15分

ビリアさん、こんにちは。

鶴岡市、行けないですから・・・でも名所旧跡めぐりいいすね!

投稿: wisteria | 2012年11月 2日 (金) 12時19分

こんばんは♪
白い洋館が一際目立ってますね。。特に赤い屋根の形がユニークですね。。
昔ながらの懐かしいポストも味わいありですね。。
陽光を受けた紅葉もとっても綺麗ですよ。。
ビリアさんは、晴れ男かしら??

投稿: rumi-ta | 2012年11月 3日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1677068/47615669

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡市 見て歩き 街の史跡:

« 鶴岡市 水の食卓百けん濠でランチ | トップページ | 鶴岡市見て歩き 由良海岸 »